転職

  

心理的にもダメージ

乳がんで失った乳房の再建手術の時期は、乳房の切除と同時に組織拡張器を挿入する方法と、手術後しばらく時期を置いて行う方法があります。今後は手術の回数が少なくてすむ同時に行う方法が増えていきます。再建の方法には、大きく分けて自家組織による再建と、組織拡張器を用いた人工乳房による再建があります。自家組織による再建には、自身の体の一部の組織を使います。この手術の利点は、自分の組織で再建される為、違和感がないことです。また自家組織を使わずに人工乳房を胸の筋肉の下に挿入する方法もあります。手術は乳房を切除した後、生理食塩水を少し入れた、エキスパンダーと呼ばれる組織拡張器を胸の筋肉の下に挿入して縫合します。手術後はエキスパンダーに、少量の食塩水を数回に分けて注入し、胸の皮膚をゆっくり伸ばし、シリコンバックと入れ替えます。この手術は、体の他の部位に傷がつかない、手術時間が短い、胸の皮膚を拡張するので、整容的にも優れているなどの利点が多い治療です。

乳がんによって、乳房を失い再建手術を行いますが、この手術には様々な方法があります。どのような方法で手術を行うかは、専門の医師と良く相談して行う注意が必要です。また様々な手術には、自分に合わない手術や、合併症などが起こる場合もありますので注意が必要になります。有効な手術であるインプラントや、エキスパンダーの方法ですが、合併症や不都合な事もあります。形やサイズの不均等な事が強い患者さんには、いくら大きな物を入れても、膨らましても形が合致する事はありません。あるいは妊娠などや、ホルモン治療で体の状態が変わったりする事によって、形が不適合になったりします。また異物ですので、エキスパンダーやインプラントが勝手にずれたりする事もあります。これらの事に気を付ける事が大切になります。